アパートは取り壊しまで居る方がいい

アパート暮らしで悩むことの一つに住んでいるアパートからの退去です。


まず必ずと言っていいほど原状回復を要求されます。回復費用は当然こちらもちです。

それで借りた時と同じレベルに戻さなければならないのですが、個人でどこまで戻せるかです。それで戻せたとしてもアパートを管理している不動産会社はハウスクリーニングをします。

そしてその費用は入居者側が払わなければならないです。


本来ならハウスクリーニングの費用は不動産の会社持ちですが、立場の弱い入居者側に払わせているのです。
だから原状回復をしても敷金すべては戻って来ません。
敷金からハウスクリーニング代が引かれて戻ってきます。
ただ敷金が全て戻ってくる場合が有ります。


それはアパートが取り壊しになった場合です。
取り壊しになったら、ハウスクリーニングは必要が無いから、その料金は取られることは無いです。



それでも原状回復的な感じで部屋の中をゴミ一つ残さず出さなければならないです。

今、評判なのはこちらのiPhone7の予約情報が様々な条件で検索可能です。

どうせ取り壊しならゴミぐらい置いていっても大丈夫に思えますが、それでも部屋にゴミを一つ残さず出さなけれなならないです。
しかしその程度なら普通に退去することを考えたら大したことないです。

アパートの退去は原状回復とかハウスクリーニングの料金とかを取られて面倒でそんな思いをしますから、取り壊しまで居続けて、取り壊しになったら退去することで無駄な手間や払わなくていい物を払わないようにした方がいいです。

JCASTニュースの情報探しををお手伝いします。